Sample Dental Clinic

093-591-5711日曜・祝日も診療

歯科における感染対策の必要性

B型肝炎、C型肝炎、HIV感染症などは血液を媒介として、感染する疾患です。 歯科治療では、口腔内からの血液や、血液を含んだだ液などが器具に付着します。 しかしながら、治療を受ける患者さん、必ずしも自分自身の健康状態を正しく把握しているとはかぎりません。私達医療従事者は、治療で使用した全ての器具には感染性があるいう前提で、全ての器具の消毒滅菌を適切に行い、診療所内での交差感染を防止するよう努力することが求められます。

感染対策への取り組み

  • 使い捨て製品
  • エプロン・紙コップ・注射針・麻酔カートリッジ(麻酔液)・メス刃・縫合針・縫合糸・グローブ。 患者様ごとに新しい物を用意し、使用後は廃棄します。

  • 保護ビニール
  • 口腔内カメラ・LED照射器・X線CCDセンサー・その他の、洗浄滅菌できない器具には、必ずビニールをかぶせ患者様ごとに取り替えます。

  • アルカリ電解水・酸性電解水
  • アルカリ電解水・・・水では落ちにくいタンパク質(血液)などの有機成分を溶解します。 酸性電解水・・・ウイルスや細菌などに対して、非常に高い殺菌力を示します。

  • 洗浄
  • 治療で使用した器具は、アルカリ電解水による浸漬、酸性電解水を用いた用手洗浄を行い、超音波洗浄機にかけます。その後、水道水による水洗、乾燥を行います。 また、歯を削る器具、タービン(ハンドピース)は専用のハンドピース用自動洗浄・注油システム(NSK Care 3Plus)を使い内部洗浄を行います。 洗浄ができないユニット(治療用椅子)やユニット周囲は酸性電解水や消毒用アルコール液を噴霧して拭き上げます。

  • 滅菌
  • 洗浄後の器具は高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)に入れ滅菌を行います。130℃の高温高圧で全ての細菌やウイルスは死滅します。 また熱に弱い器具はガス滅菌器を用いて滅菌します。

  • 消毒
  • 洗浄ができないユニット(治療用椅子)やユニット周囲は酸性電解水や消毒用アルコール液を噴霧して拭き上げます。 また院内で履いていただくスリッパも使用後はアルコール消毒しております。

  • 口腔外バキューム
  • 歯科治療では口腔の中で、また口腔外でも様々なものを削ります。口腔外バキュームは、その粉塵や飛沫物を強力に吸引します。従来の口腔内バキュームと口腔外バキュームの2つが院内をクリーンな環境に保ちます。

SUB MENU

診療日カレンダー

○ = 9:00-21:00  △ = 9:00-17:00

求人情報.

スタッフ募集中