ひびき歯科

093-967-1503

歯につく汚れ(プラーク)はバイオフィムルとよばれる細菌の固まりです。ネバネバとした物質を出し強力に歯の表面に張り付き、さらに自分たちを守るバリアを形成し、様々な菌が共生しながら生きています。 排水溝や花瓶の内部に発生する悪臭を放つヌルリとした粘着物・・・・これらは日常の中で見られるバイオフィルムです。 お口の中のバイオフィルムは、歯ブラシで落ちる初期の段階から始まり、非常に病原性が高く強固に歯の表面に張り付き歯ブラシでは落とせない段階にまで成長していきます。

バイオフィルムの成長

 
だ液中のタンパク質を足がかりに、歯の表面に細菌が付着しはじめます。   歯ブラシで落とせます
細菌が集まり、互いに共生するバイオブラークを形成し始めますが、まだプラークはさらさらと柔らかく、善玉菌が多い初期のバイオプラークです。   歯ブラシで落とせます
 
病原性の高い細菌が増殖し、ネバネバとした物質を出し、非常に強固に歯面に付着する病原性バイオフィルムへと成長します。   歯ブラシで落とせません
バイオフィルムの中にだ液中のカルシウムが蓄積し、細菌が死滅して石灰化し固い歯石となります。歯ブラシの届かない部位で歯石となると、ますます清掃が困難となり細菌の温床となります。   歯ブラシで落とせません

大切なことは

日常でのセルフケアと、プロによる定期的ケアの両方で健康な口腔を維持する事ができます。

       
 
 
       
磨き残したプラークはStage3の病原性バイオフィルムへと成長してしまいます。     プロフェッショナルケアにより危険なバイオフィルムを徹底除去     Stage1の状態にリセットしましょう

SUB MENU

診療日カレンダー

○ = 9:30-16:00  △ = 9:30-13:00

求人情報

スタッフ募集中